宇宙をあげる

占星術から韓流を読むブログ

感覚を信じる牡牛座編【12サインを知ろう】

スポンサーリンク

 

f:id:herabyuniverse:20190425102425j:plain

 

 

 

f:id:herabyuniverse:20190424224550p:plain牡牛座(固定サイン/土のグループ/ルーラーは金星)

 

牡羊座で自分という意識のみだった自覚が

一つの個体として肉体を持っていることを知るサイン。

 

ゆえにまず肉体大事

目に見えるものを信じようマインド

スケジュールは手帳に書かないと気が済まない派である。

 

 見て、聞いて、味わって、触って

経験してきたことがどんどん強みになる。

一つずつの確認作業が必要になるゆえに

のろま感も否めないが積み重ねたものが確かになる。

 

逆に経験していないことはエラーを起こす。

取り掛かるまで苦手意識も強いが、

根気強く繰り返すことで自分のものとしていける。

 

また、彼らは時としてわがままに見えることがある。

(大抵頑固、こだわりが強め)

しかし

そこには、牡羊座で必死に獲得した自分という意識

絶対にこの肉体におさめなきゃならん…!!

という強い決意があるゆえらしい。

 

彼ら的には、こだわらなければ「自分そのもの」が消えてしまう!

と思う危機感から頑固でいようとする、ようである。

 

 

『ハウルの動く城』ハウルのイメージ

 

「美しくなかったら生きていたって仕方がない」

 

ハウルの有名なセリフにもあるように

自分=見えるものによる、という思考ゆえに

物質で飾ってナンボなところがある。

もちろんそのもの自体に価値があるものなら尚良し。

(イコール自分になるので自分の価値があがっていく、と思考する)

 

しかしそれは間違いである。

美しくなくても魂は永遠で、美しくなくても全て神の創造物である。

そして魂は永遠で、全て神の創造物であるがために

美しさとは一時の幻想である。肉体のみが自分ではないのである。

 

 

努力の牡牛座 

 

WannaOne出身のペジニョンさんは

10ある惑星のうち5つが牡牛座にあります。

(金星、木星、太陽、土星、水星)(珍しいにも程がある)

 

牡牛座は「慣れ」ないところ

つまり初めての体験にめっきり弱いのです。

 

オーディション番組『Produce101 Season2』の

1話の個人評価の際、BoA率いるトレーナー陣の前で

彼はただ一人、床を見ながらウルロンを踊るという牡牛座丸出しボーイでした。

 

その後、F評価を受けたものの

課題曲『pick me』を必死に踊る姿が見初められ

王女*1であるイデフィさんに

アベンジャーズとして引き抜かれてからは

WannaOneメンバー街道を突き進んだシンデレラボーイとなりました。

 

「彼ほど練習し続ける人を見たことがない」

とハソンウンさんが番組で言っていましたが

 牡牛座がする努力=そこで生きる覚悟であることが伺えます。

 

 (下向いてても分かるイケメンオーラ)

 

(動画=PRODUCE 101 season2 [단독/풀버전] C9_배진영 ♬으르렁 @기획사별 퍼포먼스 170414 EP.2)

 

 

苦手なことも、今はまだ出来ないことも

「慣れ」るまでやれることで、いつの間にか誰よりも上手になるんだ!

とペジニョンさんなら言ってくれるはず…!

 

 

>>投稿情報はツイートから確認できます

*1:異論を唱える人はいないはず(筆者調べ)