宇宙をあげる

占星術から韓流を読むブログ

【占星術を考える:ルーラーイマージュ】惑星の品位一覧~12サインのエッセンス~

スポンサーリンク

 

神にとって、すべてのものは美しく良いものであり正しい。
しかし人間にとっては、正しいものもあれば正しくないものもある。

ヘラクレイトス、断片八五

 

 

f:id:herabyuniverse:20190616231400p:plain

\すべて美しく良いものじゃ!/

 

 

 

 

ルーラー(支配星)一覧表

 

f:id:herabyuniverse:20191006171433j:plain

※伝統占星術における惑星品位一覧表(外惑星不採用) 

 

 占星術の主役は惑星であるが

それぞれ12サインに必ず属すことで惑星の本質的な性格に色を与える役割をする

 

惑星が舞台俳優だとすると、その舞台の上で俳優が演じるにあたり

「どんな衣装を着せらるか」という装飾について12サインがそれを表し

その惑星に似合うサインと不似合いなサインを選定したものが惑星の品位である

 

例えば、似ているものを探しくっつきたいという性質を持つ金星が

一点の汚れも許しがたい乙女座サインに位置しているとしたら

くっつきたい衝動はもちろん金星の本質的な性格に基づき、確かに欲求は存在するが

乙女座サインに位置することで「本当は全部綺麗なものがいいけれどどこまで妥協してくっつくか」

みたいな惑星の本質的な性格とサインの色味が複雑な統合を求めてくる

これを一言で言い表すと=「フォール」の品位となる

 

惑星の品位は伝統占星術の要ではあるけれど

「その用語と意味だけを知る」なんて上っ面なことをすると

幸不幸に囚われて大変な落ち込みがやってくる

必ず惑星の本質的な性格とサインがどんな色味を持つかについて

その統合がいかに容易く、また難しいものなのか

考察しながらの使用をおすすめしたい

 

 

品位解説

 

「ルーラー/ドミサイル」 

 

あるサインを支配する惑星のことを言う

 

例えば火星は牡羊座を支配すると決まっているので

「牡羊座のルーラーは火星だ」と言える

同じように土星は山羊座を支配すると決まっているので

「山羊座のルーラーは土星だ」と言える

 

惑星の本質的な性格とサインが加える色味が合致していることにより

伝統的に惑星自身が支配するサインが決められている定座の位置

 

ホロスコープの中でこの定座(自身が支配するサイン)に位置する惑星は

例えばトランジット(現在運行中の惑星)がしんどい位置に来ても

そこまで狼狽えずにいられたりする

TOKIOの長瀬くんが「自分は自分なんで」って言い切ってる感じを想像すると分かり易いかもしれない(爆)

彼らは本家が本家に居る状態なのでひねくれたりしていない

惑星が定座に位置する人は素直な人が多い印象ストレート!

 

*ちなみにブレることなく本領発揮できる火星牡羊座を持つのはEXOのベッキョンさん(自分を偽らずありのままを出して自然体で生きている^^)

 

 

「エグザルテーション」

 

あるサインにおいて特定の惑星が魅力を発揮できる状態を言う

高揚している、高貴である、余裕があるなどの表現に言い換えられる

 

例えば火星が山羊座でエグザルテーションであることは

火星と言う惑星の本質的な性格と

山羊座というサインの色味を考えるとよく理解ができる

 

火星は自己を前へ前へと力強く打ち出す欲求を持つため

山羊座サインの、目標へ向かい建設的に動き

目に見える実績を第一に考える色味が加わると

火星本来の瞬間的衝動的な面は建設的に発揮され

自己そのものの実績を集中的に積み上げようと動くことができる

この惑星とサインの統合が容易く

しかもより有利に働く状態をエグザルテーションという

 

ホロスコープの中でこのエグザルテーションに位置する惑星は

ちょっと得意げというか自慢げな印象を持たせる気がする

NCTのジェヒョンさんSeventeenのジョシュアさん

ふたりとも月牡牛座でエグザルテーションしているんですが

なんかあの「ドヤ感」分かりますかね?(爆)

 

*ちなみに水を得た魚のように生き生きしている火星山羊座を持つのはBTSのVさんとこれまたジョシュアさん

(ふたりは誕生日が同じだけど出生地がソウルとアメリカなので時差があり月のサインが違う)

(彼らの火星は無限に広がり続ける海王星と隣り合わせなので夢を与えるような場面では最強ドヤ運)(どんなだ)

 

 

「デトリメント」

 

あるサインにおいて特定の惑星がまとまりにくい状態を言う

ルーラー/ドミサイルが支配するサインの反対側を表す

 

例えば火星が天秤座でデトリメントであることも

惑星の本質的な性格と

サインの色味を考えるとよく理解ができる

 

火星は自己を前へ前へと力強く打ち出す欲求を持つが

天秤座サインは自身のルーラーが金星であると決まっていることから

自己主張をしようとするその方法は

相手の意見を尊重して調和的な関係性を持ちながら行おうとすることから

惑星の本質的な性格とサインの色味が統合し難く

手放しで自己主張もできないし

とはいえ調和的な関係性という方向に踏み出したら元も子もなくなるし

この惑星とサインの統合が難しく相反する状態をデトリメントという

 

ホロスコープの中でこのデトリメントに位置する惑星は

アクセル踏んでおいてエンジン空ぶかしみたいなイメージで

自分でもやり方が違うことを認識している場所のような気がする

「慣習的でない」「カウンターカルチャー」のものを表すので

そういった変わったものを愛でたり本人がそうであったりもする 

 

*ちなみに前にも進めないし後ろにも下がれないみたいな

火星天秤座を持つのはNCTのジェヒョンさん(さては好きだな)

前述した月牡牛座がエグザルテーションしているのでドヤ感は確かにあるんだけど

この火星のおかげで自己主張はしたくないし調和的でいたいと考える=黙って微笑んでおこうとなるのでしょう(たまらん♡)

 

 

「フォール」

 

あるサインにおいて特定の惑星が軽んじられる状態を言う

エグザルテーションになるサインの反対側のサインを表す

 

例えば火星が蟹座でフォールであることも

惑星の本質的な性格とサインの色味を考えるとよく理解ができる

 

火星は自己を前へ前へと力強く打ち出す欲求を持つが

蟹座サインは自身のルーラーが月であると決まっていることから

自己主張をしようとするその方法は

自己の感情に依拠してしまうことから

主張よりも先に感情がそのエネルギーを浸食し矛先がうやむやになる

ここでは惑星の本質的な性格とサインの色味は

統合しようとするその動きすら放棄してしまう

 

この惑星とサインが統合しようとせず

互いが互いを無視する状態をフォールという

 

ホロスコープの中でこのフォールに位置する惑星は

持ってるのに使いどころが全然分からなくて

過剰にそれについて取り組んでしまう場所のような気がする

「社会的に普通でない」「主流でない」ものを表すので

そういった変わったものを愛でたり本人がそうであったりもする 

 

*ちなみに感情をうまく表に出せない代表みたいな火星蟹座を持つのはEXOのスホさん

気合い入れなきゃいけないとこで感情的になって上手くいかなかったり

頑張らなくていいところで本気出してしまうようなその周りとのトーンの違いが愛らしい(爆)

 

 

占星術を理解する際に心に留めておいてほしいこと

 

ここまで見て来たとおり

惑星の品位っていう制度自体がもう残酷でしょう…?(爆)

 

それでも常に占星術を理解する際に心に留めておいていただきたいのは

 既存のルールを鵜呑みにしないことです^^;

(ルール丸出しのページで何言ってんだってかんじですが爆)

 

例えば、自分の土星が牡羊座のフォールにあるとしても

実は土星が支配しているサイン水瓶座に惑星を持っていて

かつ、それらが牡羊座の土星に角度を持つならば

立派な支援隊となりえる(リセプションとよばれる動き)

こうなるともはや

土星がフォールだ!十分に機能してない!などとは言えないのです

ちなみにこちらもまたNCTジェヒョンさんのことです(好きだな~)

 

占星術を専門として生業としている私が言うのもあれなんですが

全容は誰にも分からなくてひたすら研究あるのみという分野なので

いくらルールが存在したところで

ホロスコープの仕様は1000人いたら1000人違うものなので

ああだから幸福だ、こうだから不幸だと言えないものなんです

 

そしてやはりホロスコープって宇宙の記録図なので

そこはもう自然の成せる芸術であり

その完全なる意図や捉え方は未だ人間には未発達の分野かもしれない

神のみぞ知るみたいな惑星配置だってあり得る

 

「どんな配置でさえその人物を成長させようとする何かしらの意味を持っている」

という立場で私はホロスコープを読んでいますが

最終的にいつも感じることは

「私たちが作りあげてきた人間のみの価値観や常識で

ホロスコープの中の幸不幸をうんうん考えたところで

もっと大きな世界の共鳴のために存在していることだってあるかもしれない」ということで

なので例えば、不幸だ不運だと言われる配置に惑星があっても

勉強不足の占い師に言われても

落胆し自らの人生の舵取りを失わないでくださいね

 

ホロスコープとは

「何のために置かれた惑星の配置でどんな人生の意義がそこにあるのか」

を読み解いていくものだと日々感じています◎

 

 

ご自身のホロスコープも見てほしいという方がいらっしゃれば

12月から都内で個人鑑定を予定していますのでぜひお越しください!

詳細は決まり次第ブログおよびtwitterでもお知らせ予定です^^

 

イマージュシリーズ他のページもぜひご参考ください^^

www.herabyuniverse.com